移動中...

―霞んだ先をよーく見てみたら、そこには不思議な世界が広がっていた―

pixiv
  • メール【管理人に御用の方はこちらから】
  • リンク【お世話になっている方のリンク】
  • ブログ【綴り帳とかその他なんかもろもろ】
  • イラスト【霞の世界を満喫】
  • ホーム【すべてはここからはじめます】

案内係の紹介

当ウェブサイトでの案内役、「ゑり」と、コウモリ?の「クォーモ」です。
なんかこの子たち、無愛想で すみません。


ゑり(右)

この世界を無為にただよう「霞」を、具現化させることができる不思議な筆を持っている少女。
とても可憐でやさしく、誰にでも世話をやくが、面倒くさがり屋で口が悪いのが玉にきず。
「霞の物語」にて、さっそくお城を建ててみたはいいものの、中はハリボテで納屋のような粗末さ。威厳のみの産物である。
内装に不満を持ったゑりは、匠にリフォームを依頼。
しっかりとインテリアまで発注したはいいが、膨大なリフォーム代がかさみ、借金まみれに。
なくなく、お城を家としてではなく、記念物として観光地にし、少しでも負担を少なくすることにした。
現在は別邸でコォーモと共に極貧暮らしをしている。一応これでも周りからはとても信頼されている。

「えっ? サイトの案内をしろって? ごめん、わたし仕事で忙しいから、このページで勝手に見といてください」

クォーモ(左)

ゑりが最初にこの世界を訪れた際に出会った、コウモリのような生物。ゑりを気に入っているらしく、常にゑりの側にいて、なにかとアドバイスをくれる物知りコウモリ。
口が悪く、これが多少なりともゑりに影響したものと思われる。
極貧生活にもめげずにそばにいてくれるイイヤツ。

「あー、そうそう。見学するのはいいけど、注意事項はちゃんと読めよな。」

©