移動中...

―霞んだ先をよーく見てみたら、そこには不思議な世界が広がっていた―

pixiv
  • メール【管理人に御用の方はこちらから】
  • リンク【お世話になっている方のリンク】
  • ブログ【綴り帳とかその他なんかもろもろ】
  • イラスト【霞の世界を満喫】
  • ホーム【すべてはここからはじめます】

いろいろ色彩情報館
~基本情報~



このコーナーでは、色彩やデザイン、色彩心理、その他テクニックなどを自分なりにまとめたものをここで綴っていきます。
このページには、今後追加する予定のページを理解するための基本的なことを書いていきます。ほんとに基本だけ書く。
また、この色彩情報館は色の学習を目的に素材を作成しています。
更新・追加したらこのページの一番下にログしておくので、参考にしてください。

色相環、各トーン表は個別にダウンロードが可能ですが、一番下に一括でダウンロードできるボタンがあります。
必要に応じてご利用ください。(ご利用にはダウンロード後、解凍・展開ソフトが必要になります)

掲載したいものの情報量が多いため、すぐに書き切れないこともありますので、今後徐々に追加・修正していきます。
このページによって、色彩に興味を持っていただけたなら幸いです。
利用条件などは【注意事項】ページの「フリー素材の利用規約」に書いてありますので、そちらをご覧ください。

当ページはパソコンでの使用を想定していますので、スマホからアクセスしている方の場合、【ダウンロードをする】を押すと別窓が開く場合があります。
その際は、そのまま「画像を保存」なりでスマホに保存してください。

この辺の調整はできたらします。


以下に、色相環の透過データを置いておきます。 これ3つだけダウンロードしてもらうだけで、フリー素材にはなるかと思いますので、ぜひもらって行ってください。
この3つのデータは「完全なフリー素材」になってます。
イラストに使おうが、加工しようが、商用で使おうが自由にご利用ください。
(利用条件は一応確認してください)
※これらは一括ダウンロードに含まれておりません


色相環透過データ


【色相環透過データ】

PCCSトーンのvividを透過データ(PNG)にしたものです。色調を変えたり明度をいじったり、素材に打ってつけ!
(PNGデータとは、必要のない部分が透明になって、透けているデータのことです。いちいち画像をくり抜いたりしなくていいので便利)
正直この色相環があればすべてのトーンを表現することができます。
ちなみに、赤の部分と青の部分がほぼ同じに見えますが、このあたりの色の差はあまり無いということです。仕様ですっ。 (ホントは差があります。【色相環透過データ3】をご覧ください)

PCCS
完全フリー素材
【色相環透過データ】

色相環透過データ2


【色相環透過データ2】

超絶便利アイテム。 PCCS色相環を模したヤツの背景透過+ブラシ効果を削除+文字削除したVerです。
好きに使ってください。

PCCS
完全フリー素材
【色相環透過データ2】

色相環透過データ3


【色相環透過データ3】

色相環の完全RGBデータ。
これぞvividの真の姿!
かなり鮮やかになっておられる!
コチラはRGBデータを0、64、127、191、255で均等に配合した、完全なRGBのPNGデータです。

PCCS
完全フリー素材
【色相環透過データ3】


◆【基本情報】◆

基本情報とは、この「色彩情報館」ページ内において必要な知識を書いておくところです。
この情報を元に、今後追加されるページの礎とすることを目的としています。
今後わからなくなったらここに戻ってきて確認してみてください。
随時更新していきます。
長ったらしくなったので、各項目は折りたたんであります。クリックしてご覧くださいな。




一括ダウンロードに含まれる画像は
【RGB混色.......................1枚】
【CMY混色.......................1枚】
【トーンの配置図...................1枚】
【配色比率.........................1枚】
【スペクトル図.....................1枚】
【PCCS色番号と3つの原理...........1枚】

計6枚となります。

一括ダウンロード形式はZIPファイルでの提供となるため、別途解凍(展開)ソフトが必要になります。
「解凍(展開)フリーソフト」等で検索して、ソフトのインストールが必要になります。

◆【色のモノサシ、色相環】◆

色に迷った時のモノサシになる物、今回はPCCS色相環の紹介です。
「色彩検定」などの資格でもお世話になるかと思います。
Strongトーンに関しては、記載が無いテキストもあります。試験でも出ない場合があります。

以下はそのPCCS色相環を模したデータを置いておきますので、色の学習やイラストのフリー素材としてご自由にお使いください。

PCCS対応色相環


【PCCS対応色相環】

PCCS
【PCCS色相環MAP】

PCCS色相環を模して作成した色相環になります。
学習やイラスト作成、デザインの参考にご活用ください。
白色度の高いマットな紙に印刷すると反射が少なくて色がはっきり見えます。
A3の紙に印刷すると見やすいかも。

こちらは文字ありVer



◆【色の特徴となまえ、トーン表】◆

以下はPCCS色相環における、各トーンの【イメージ・和名・洋名】表になります。
各色名は記載されている色の近似値を取った色名になりますので、実際の色名は、表の色と必ずしも一致しません。
実際にある色名より明るかったり暗かったりしますので、参考程度にご活用ください。
A5の紙に印刷すと見栄えが良く使いやすい気がする。

※各トーンをクリックすると横幅800px、縦幅1131pxの大きさの画像が展開されます。
各トーンの下にはダウンロードボタンがあります。クリックするとjpgデータでダウンロードされます。
ダウンロードされた画像データは3倍ほどの大きいサイズですので、ご注意ください。

※各色はすべて、当管理人が様々な書籍などを参考に独自に設定した色になります。また、データはjpeg形式、RGBデータで作成されています。
印刷される場合、実際の色味より暗く表現されますので、あらかじめご了承ください。
あくまで参考程度にご活用ください。



【各トーンの見方】

上段のサークルは一つのトーンの色相です。(vividだけは24色相あるので例外)
下段にあるのがその色に対応した色名を表示しています。
色のついたヱ霞文様の下の【v1 1:pR-4.0-9s】の数字の意味は
ビビッドの1番目、色相がパープリッシュレッド(紫みの赤)-明度(明るさ)が4-彩度(鮮やかさ)が9という意味です。
明度は9.5が最大。彩度は9sが最大。
とりあえず細かい情報は省きます。

pale


【ペール】

pale
【ペール】

light-grayish


【ライトグレイッシュ】

light-grayish
【ライトグレイッシュ】

grayish


【グレイッシュ】

grayish
【グレイッシュ】

dark-grayish


【ダークグレイッシュ】

dark-grayish
【ダークグレイッシュ】

light


【ライト】

light
【ライト】

soft


【ソフト】

soft
【ソフト】

dull


【ダル】

dull
【ダル】

dark


【ダーク】

dark
【ダーク】

bright


【ブライト】

bright
【ブライト】

strong


【ストロング】

strong
【ストロング】

deep


【ディープ】

deep
【ディープ】

vivid


【ビビッド】

jegasumi_torii
【ビビッド】


一括ダウンロードに含まれる画像は
【各トーン表(色名入)..........12枚】
【PCCS色相環MAP...................1枚】

計13枚となります。

一括ダウンロード形式はZIPファイルでの提供となるため、別途解凍(展開)ソフトが必要になります。
「解凍(展開)フリーソフト」等で検索して、ソフトのインストールが必要になります。

【あとがき】

他に何か必要なものがあったり、間違いなどのご指摘等がありましたらメールより受け付けています。
今後の資料の作成と改善に努めさせていただきます。
また、頂いた質問の回答などをここで掲載させていただく場合があります。ご了承ください。
随時、新しいページを追加していきますので、その場合はツイッターなどにて告知いたします。

あと、最近買ったのだけれど、この配色アイデア帖がすごく良い。
今時のデザインで配色を紹介しているので、見やすくいままでの地味な配色帖やいかにもデジタルって感じのヤツよりイメージしやすいです。管理人、超おすすめ!(この本だけ見ていればこのページのことだいたい網羅しているんじゃないかと思う......)
アマゾンでは少し中身が見れるので、覗いてみてください!


↑amazonリンク


更新ログ


【2018/04/14】 完全フリー素材に完全vividデータを追加しました。
【2018/04/14】 基本情報に「色彩調和法」の項目を追加しました。
【2018/04/11】 vividの一部記述が抜けていたので修正しました。それに伴いzipファイルも修正したので、よろしくお願いします。
【2017/11/13】 色彩情報館内に、基本情報メニューを追加しました。
【2017/10/31】 vividトーンの和名のところに洋名が書いてあったので修正しました。 それ以前にダウンロードした方がいたらお手数ですが、ページ更新またはキャッシュの削除を して、vividだけダウンロードしていってくださいな。
【2017/10/28】 「いろいろ色彩情報館」がオープンしました!

©